ホーム > カテゴリートップ >下伊那の方言
    1  | 2 |  3  | All pages

板つき

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:かまぼこ
使 用 例:この板つきはわさび醤油で食べると美味しいに!
意  味:このかまぼこはわさび醤油で食べると美味しいよ!
コメント:「板つき」=「かまぼこ」という使い方が面白いと
     思いました。
     ネット上を検索しても、「板付きかまぼこ」という
     表現はあっても、「板付き」が一般名詞としての
     かまぼこを表す事例は見つけられませんでした。
     「板付きかまぼこ」と言えば、「板が付いたかまぼこ」
     であって、「かまぼこ」のことではないはず・・・。

【伊那谷方言】こぞむ

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:沈殿する。沈む。
使 用 例:(果汁入ジュースを前に)底のほうにこぞんどるから
     よく振って飲みないよ。
意  味:底のほうに(果汁分が)沈殿しているので、よく振って飲みなさい。
コメント:愛知県の三河地方でも使われるようです。

すびる

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:しぼむ、小さくなる
使 用 例:昨日買った風船が、もうすびちゃった。
意  味:昨日買った風船が、もうしぼんじゃった。
コメント:最近うちの近所では、おたふく風邪が流行っており、
     我が家の子供も罹りました。約1週間後、治ってくる
     とほっぺがすびてきました。

持ちにいく

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:「取りにいく」だと思うんだけどなぁ
使 用 例:○○を持ちにいってくるよ
意  味:○○を取りにいってくるよ
コメント:標準語圏では使わないと思うんだけどなぁ
     皆さんはどう思います?

〜ないよ。

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:〜なさい。
使 用 例:気をつけて行きないよ。
意  味:気をつけて行きなさい。
コメント:語尾に「ない」がついても否定している訳ではありません。標準語に比べて優しい感じがしますね。

けなるい

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:うらやましい
使 用 例:あんたんとこの庭は芝がい〜ぃ色に育って、けなるいよぉ〜。
意  味:あなたの庭は芝が良い緑色に育っていてうらやましいわ。
コメント:隣の芝生は青く見える・・・。

くるう

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:興奮してあばれる、じゃれ合う、ふざける・・・
使 用 例:こんな(狭い)とこでくるっとると、けがぁするに。
意  味:こんな(狭い)ところでじゃれ合ってると、
     (ぶつかって)怪我するぞ。
コメント:標準語で「狂う」を人に対して使う時は、
     もっと深刻な様子を表すと思いますが、
     この地方では、もっと軽く、普通に使います。
     (標準語では、人に対しては滅多に使いませんね。)
  

くすがる

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:刺さる
使 用 例:指が痛いと思ったら、棘(とげ)がくすがっとったわ。
意  味:指が痛いと思ったら、棘(とげ)が刺さってたよ。
コメント:人体にも使いますが、物にも使います。
     (タイヤがパンクするときなど)
     くすがる・・・何となく、雰囲気はわかるような
     気はするのですが、詳しいことは一切不明です。
     
     この気持ちは、のどに魚の骨が「くすがった」ような
     気分です。
     

あんも

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:餅
使 用 例:あんも焼いて食べようね
意  味:お餅焼いて食べようね
コメント:主に子供に対して使う。
     「大福」や「あんころもち」のことではない。
     「あんこ」は関係なく、単に「餅」のことのようです。

よめる(嫁る)

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:嫁に行く
使 用 例:隣の○○さんの奥さんは、△△村からよめって来た。
     ○○さんの娘は、□□さんのところへよめってった。
意  味:隣の○○さんの奥さんは、△△村から嫁入りしてきた。
     ○○さんの娘は、□□さんのところへ嫁にいった。
コメント:使い方は、用例のように「よめって・・・」と続くことが多い。
     「嫁」に「る」がついて動詞になっています。
     「事故る」みたいな感じでしょうか。
     婿養子に入ることを「むこる」とは言いません。
     辞書には、古い表現として「嫁入る」は載っていました。
     これが変化したものでしょうか?

めこんじき

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:ものもらい
使 用 例:めこんじきができた。
意  味:ものもらいができた。
コメント:聞いた時は「めこんじき????」
     という感じでしたが、よくよく訊いてみると
     「こんじき」は「乞食(こじき)」の事のようです。
     「乞食」すなわち「ものもらい」ということで、
     なるほどと妙に感心してしまいました。
     

くむ

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:(1)くずれる、流れる
     (2)取り換える、入れ換える
使 用 例:(1)大雨で道がくんで通行止めになった
     (2)買ってきた服のサイズが合わないのでお店に行ってくんでもらおう
意  味:
コメント:発音は
     (1)は「む」にアクセント
     (2)は「く」にアクセント  です。
     ニュアンスとしては、(1)汲む(2)組む
     かもしれませんが、辞書をひいてもどこにも出てきません。
     どなたか知っている方は教えてください。

いただきました

投稿者名:yas 【 下条村 】
標 準 語:ごちそうさまでした
使 用 例:(ごはんを食べ終わって)いただきました。
意  味:
コメント:「いただきます。」の反対だから間違ってはいないと思いますが、他の地域から来ると違和感を覚えます。

まえで←→うら

投稿者名:yas 【 その他 】
標 準 語:まえ←→うしろ
使 用 例:
意  味:
コメント:「で」って何?「うら」っていうのは「おもて」の反対語だと思いますが・・・。ま、何事も慣れですけど。

あんじゃねー

投稿者名:ろば 【 駒ヶ根市 】
標 準 語:大丈夫だよ・問題ないよ
使 用 例:「手を切っちゃったよぉ!」「そんなん、あんじゃねーよ。」
意  味:「手をきっちゃったよ!」「そんなの、全然大丈夫だよ。」
コメント:はっきりこれが標準語と言ってしまっていいのか、わかんないのですが、多分こんな感じでしょうか。
でもあんじゃねーって優しい感じがしますね。

    1  | 2 |  3  | All pages
〔広告〕
TOP